ブログ&新着情報

マスク熱中症

廣田です。

急に気温が高くなってきましたね!

梅雨入り前なのに30℃を超える地域もあるらしいです。

今年の夏はどれほど暑くなるのか心配ですね。

 

さて、ここ数日ですが「夜中に足がつった」という患者さんが増えてきました。

状況を聞いてみると、おそらく脱水症状によるものではないかと思われるケースが多いです。

気温が上がったことが一つの要因ですが、今年ならではの原因が「マスク」だと思います。

脱水症状のサインとして「のどの渇き」がありますが、マスクをしているとのどが渇きにくくなります。

そのため、ついつい水分摂取が足りなくなってしまいがちです。

食事以外の時間に最低でも1日1リットルは水分を摂ってください。

水筒などの容量が分かりやすいものに入れて飲んでいただくと良いと思います。

 

同時に汗で失われたミネラルの補給もしてください。

岩塩や黒砂糖のかちわりがおススメです。

農作業の合間やおやつ代わりに食べていただくと、脱水症状によるこむら返りが予防できます。

 

今年はコロナウイルスの影響で、4月5月が自粛期間となっていました。

そのため汗をかくなどの体温調節機能がイマイチで「暑熱順化」ができていない方が多いです。

外で運動や作業をするときは、アームカバーや帽子を水で濡らすと発汗作用の代わりに体温を下げてくれますよ。

上手に夏を乗り切りましょう!

PAGE TOP